【部門別】タコス好きが選ぶメキシコ料理屋ランキング

以下13の部門別にメキシコ料理屋を評価してみました。メキシコ料理屋に行く際の参考にしてもらえたらと思っています。

▶︎総合ランキングはこちら

ポークのタコス部門


第1位 覇王樹(サボテン)

カルニータス:★★★★★

→アルパストールと同じく本場のカルニータスに近い。色々な豚の部位が入っており、配合が素晴らしく食感も楽しめる。何枚食べても飽きない。食べるほど肉の旨味が出てくる。

お店の場所:四ツ橋/大阪府

第2位 覇王樹(サボテン)

アルパストール:★★★★★

→本場と同じ製法(ケバブのような回転肉焼き機を使用)で作られているため、いい感じの焦げ目と削ぎ落としたお肉の独特の食感が楽しめる。
味付けもアドボソースがしっかりと染み渡っており申し分ない。細かい玉ねぎ、シラントロを程よく感じることができ、肉のカリッとジューシーな食感とのバランスがいい。これまで日本で食べたアルパストールの中で一番美味しい。

お店の場所:四ツ橋/大阪府

第3位 モダンメキシカン カボス

ポークコチニータ:★★★★★

→一口食べた瞬間に様々な旨味が口の中に広がり、思わず何がトルティーヤに挟まっているのか確認してしまうほど。コチニータ自体が既にフルーティーだが、パイナップルとハバネロのサルサソースをかけて食べるとフルーティーさに拍車がかかり、たどり着けないほどのレベルにアップする。アボカドがもう少し芳醇で濃厚なものを使っていたら言うことなし。

お店の場所:三田/東京都

第4位 ロス・タコス・アスーレス

カルニータス:★★★★☆

→お店の一押しだけあって、お客さんの誰もが頼んでいた。他のタコスに比べて具が多めに乗せられている。一番上に甘辛に焼かれた豚の皮が乗っており、そのパリッと食感の後にくる角煮のジューシーさがたまらなかった。しかし、その豚の皮が歯の至る所に挟まり、ちょっと取るのに苦労した。私の歯の構造が悪いのかもしれないが、そこが少しマイナス。楊枝が置いてあれば。。。

お店の場所:三軒茶屋/東京都

第5位 ロティーチキン アンド ジャッキータコス

アルパストール:★★★★☆

→四角く切られたパイナップルがいくつも入っている。肉にしっかりと味付けされていて、メキシコ版の赤味噌のようなタレに漬け込まれた豚肉の上に、ワカモレと四角く切られたパイナップルが乗っている。ソースはサルサロッハ(もしくは、チポトレソース)。全ての具材によく合う。濃厚なワカモレのクリームのような優しい食感とお肉の弾力がいい感じで、パイナップルが全体の味をコントロールしている。本場メキシコと同じくらいの辛さ度合い。このレベルのパストールを出しているメキシコ料理屋は他にあまりない。

お店の場所:四条/京都府

チキンのタコス部門


第1位 オーチョ タケリア メキシカン

国産美桜鶏:★★★★★

→一口食べた瞬間にチキンの芳醇な食感、ワカモレのクリーミーさ、トマトや玉ねぎの甘みが口の中に広がる。チキンにバーベキュー感をほんのり感じることができ、アメリカンでメキシカンな味付けに、国産の美桜鶏がほど良い繊細さを与えている。

お店の場所:外苑前/東京都

第2位 オラレ(ORALE!)

チキン:★★★★★

→しっとりとしたフリホーレスがトルティーヤの表面に塗ってあり、その上に味に深みがありしっかりと煮込まれたチキンが添えられている。細かく刻まれたチリと玉ねぎの食感が非常に良い。日本でもトップクラスのチキンタコス。お店にきたら必ず頼むべき。

お店の場所:四条/京都府

第3位 スパタコス マルヤマ

ティグタコ:★★★★☆

→マリネチキンとヨーグルトソースのスパイシータコス。初めて味わう味。ヨーグルトソースのまろやかさと酸味が優しく、チキンを包んでいる感じ。トマトやレタスとの相性も良く、全体的な調和が取れている。マリネされたチキンの柔らかくプリッとした感じが非常に美味しい。

お店の場所:円山公園/北海道

第4位 オショモコ(OXOMOCO)

チキンアルパストール:★★★★☆

→チキンが肉厚で少し大きめにカットされている印象だが、非常に柔らかいためトルティーヤを破る事なく食べられる。味付けは非常にいいが、やはり少々辛さが足らない。辛いのが苦手の方にはちょうどいいかも。パイナップルも比較的大きめにカットされたものが2つ入っており、いいアクセントとなっている。

お店の場所:広尾/東京都

第5位 チランガバンダ

鶏スパイス焼き:★★★★☆

→アルパストールのような味。名前にも入ってる通りスパイシーな味付け。鶏肉の歯応えも非常にいい。このお店ではこのタコスがベスト。

お店の場所:桶川/埼玉県

ビーフのタコス部門


第1位 440ブロードウェイタコショップ

ビーフのタコス:★★★★★

→いい味付けで煮込まれた牛肉がびっしりと入っている。非常に密度が高く、肉肉しさと肉の深みが凄いが、程よい味付けなので何口でも食べられる。紫玉ねぎのピクルスが良い口休めになっている。

お店の場所:恵比寿/東京都

第2位 フィンカ・デ・ラビダ

牛メガネのアサーダ:★★★★☆

→希少部位であるメガネを使用しており、ハラミのような柔らかさの中に赤みの肉々しさも感じることができる。味付けが非常に特徴的で、濃厚な出汁の味の中に少々酸っぱ味を感じられ、全体的にくどくなく、さっぱりとしている。スモーキーさも感じられ、味にアクセントを与えている。それぞれの調和が非常にいい。食べているといろいろな味がしてきて楽しめる。

お店の場所:自由が丘/東京都

第3位 オーチョ タケリア メキシカン

メキシコ産牛ハラミ:★★★★☆

→フルーティーでスパイシーなタコス。肉が非常に香ばしく焼かれている。上に乗った玉ねぎやトマト、ワカモレが全体の風味にバリエーションを与えている。食べれば食べるほどいろいろな味がしてくる。

お店の場所:外苑前/東京都

第4位 サルサカバナ 四谷店

炭焼きビーフタコス:★★★★☆

→一口目に炭のいい香りがしてきて、かなりの好印象。歯応えも味付けもちょうどいいし、お肉のサイズもいい。ふわふわなトルティーヤとの相性も抜群。

お店の場所:四ツ谷/東京都

ラム肉のタコス部門


第1位 エルトペ(ELtope)

ラム肉:★★★★★

→ラム肉のホロホロ感や辛味、食感などが全て良く、トルティーヤを食べる度にほんのりと感じる甘みとラム肉の辛味が非常にマッチしている。ひたすら息する暇もなく平らげてしまった。今まで食べたラム肉のタコス(ビリア)の中で一番美味しい。

お店の場所:すすきの/北海道

第2位 覆面

バルバッコア:★★★★☆

→メニューに書いてある通り、数種の唐辛子でマリネされたラム肉が噛む度に色々な味を感じることができ、味に深みを感じる。どこかスモーキーで、それでいてスパイシー。非常に美味しいタコス。このお店に来たら絶対頼むべき。
こちらも、辛さは控えめなため、別でもらえる篠ソースもしくはチョルーラのホットソースをかけて食べるのがおすすめ。トルティーヤは小ぶりのコーントルティーヤ。

お店の場所:浅草/東京都

ひき肉のタコス部門


第1位 ジャンカデリック

グランドビーフ:★★★★☆

→揚げたトルティーヤを使ったハードタコス。メニューにある「ビーフのタコス」とは異なり、揚げたトルティーヤと牛の挽肉を使用している。食べてないので分からないが、「ビーフのタコス」は牛肉のステーキとフラワートルティーヤを使っているのではないかと推測できる。
挽肉の味付けも濃すぎず丁度いい。レタスにかかっているドレッシングが非常に美味しい。ドレッシングの酸味が、肉とトルティーヤの脂っぽさを抑えている。ハードタコスの中ではレベルが高い方だと思われる。

お店の場所:祐天寺/東京都

第2位 Dawn(ドーン)

オリジナル:★★★★☆

→肉肉しいミンチで、粘着性があり病みつきになる噛み心地。噛む度に深い味わいを感じる。味は少々濃い目だが、野菜が多めなので爽やかにサラッと食べれることができる。散りばめられたチーズとの相性が良く、非常に完成度が高い。

お店の場所:四ツ橋/大阪府

第3位 ベルガマイス

ミンチ:★★★★☆

→ひき肉を使ったいわゆるタコミートの中では、トップクラスの出来栄え。塩辛くなりがちだが、全くそうではなく、味にコクや芳醇さを感じる。ずっと食べていられる味付け。

お店の場所:肥後橋/大阪府

フィッシュのタコス部門


第1位 フィンカ・デ・ラビダ

カジキマグロのフリット:★★★★☆

→フリットの衣が薄めのため、カジキマグロの肉厚でしっとりとした感触を味わうことができる。揚げ物にもかかわらず、ジャンクな感じはせず、上品で繊細な味付け。単品でも美味しいことが想像できるが、タコスにするとより美味しいのではないかと思う。他店のようにスーパーで買ってきた白味魚の揚げ物を、そのままトルティーヤに挟んでいるようなものとは一線を帰す。

お店の場所:自由が丘/東京都

第2位 エル・ポジート

フィッシュのタコス:★★☆

→魚のフライが乗ったタコスの中では高レベル。オーロラソースとタルタルソースが絶妙な割合でかかっていて、トマトや玉ねぎなどの野菜との相性も良い。
魚自体の臭みは全くなく、衣自体の味付けも美味しい。脂っこくなく爽やかな味わい。

お店の場所:静岡市/静岡県

トルティーヤ部門


第1位 ロス・タコス・アスーレス

トルティーヤ:★★★★★

→非常にマットな舌触りで、とうもろこしのザラツキを感じる。その食感が非常に美味しく、薄い生地にも関わらず、どっしりとした印象。通常の黄色いとうもろこしで作ったトルティーヤと異なる、不思議な食感や味を楽しめた。メキシコ在住時にこの青いとうもろこしを使ったトルティーヤは食べたことがあり、その時も好んで食べていたが、その時の印象を超える美味しさ。

お店の場所:三軒茶屋/東京都

第2位 アロハタコス

トルティーヤ:★★★★★

→とうもろこしの揚げパンを食べているような独特な食感で、とうもろこしの香ばしさがダイレクトに伝わってくる。サクっとしていて、中はしっとり。タコスの新たな可能性を感じる。

お店の場所:小田原市/神奈川県

第3位 北出食堂

トルティーヤ:★★★★☆

→北海道産とうもろこしを100%使用していることを売りにしているトルティーヤ。とうもろこしの味が他のトルティーヤに比べて強く感じられ、ほんのり甘味もある。生地がしっかりしており、破れにくい。形も手触りも良く、手のひらに置くだけで食欲が増す。

お店の場所:馬喰町/東京都

第4位 覇王樹(サボテン)

トルティーヤ:★★★★☆

→非の打ち所がないブルーコーントルティーヤ。柔らかで、トウモロコシの甘みや食感を味わえる粒々感が程よく残っている。ロス・タコス・アスーレスと同じくNIXTAMAL(ニクスタマル)というメキシコ伝統の製粉方法で作られた自家製のトウモロコシ粉を使用している。手間隙がかかっている印象。

お店の場所:四ツ橋/大阪府

第5位 トルタコス

トルティーヤ:★★★★☆

→生地は少々厚めで、きめ細やかなしっとりとしたトルティーヤ。見た目は非常に美しく、まるでメレンゲで作ったケーキの生地のよう。厚い生地だと、普通は破れやすいが、このお店の生地は、水ととうもろこし粉の配分量が非常によく、全く破れる気配がしない。とうもろこし特有の香りはほとんどせず、香ばしさもあまり感じられなかったので、そこが少々マイナス。

お店の場所:熊本市/熊本県

サルサソース部門


第1位 モダンメキシカン カボス

サルサソース(アールボル、マチャ、パイナップルとハバネロ):★★★★☆

→日本では珍しい種類のサルサソースが用意されている。それぞれ特徴のあるソースで、アールボルはスモーキーでクリーミー、マチャはオイルに使っているため非常に滑らか、パイナップルとハバネロはフルーティーでスパイシー。どれも自家製でタコスに合う。3つとも結構辛め。

お店の場所:三田/東京都

第2位 ロス・タコス・アスーレス

サルサソース(緑・赤):★★★★☆

→自家製のサルサソースでありがちな水っぽさは全くなく、どちらも本場メキシコのサルサソースと同じくらい辛味と旨味がある。赤は緑よりスパイシーで、緑の方がまったりしている。

お店の場所:三軒茶屋/東京都

第3位 覇王樹(サボテン)

サルサソース(サルサロッハ):★★★★☆

→辛味がメキシコ並で、コクがある。水気も最適。久しぶりに本番メキシコのサルサソースに出会ったため、嬉しくなり、タコスにかけて余ったものは直に飲み干した。
※ディナータイムにはサルサロッハの他にサルサベルデ、サルサアルモンアーダの2つが加わり、合計3つのサルサソースが付く。

お店の場所:四ツ橋/大阪府

第4位 トルタコス

サルサソース(ベルデ・ロッホ・チポトレ):★★★★☆

→3種3様の味があり、タコスによって相性が異なるので、何回も通って自分に一番合うコンビネーションを見つけるのも楽しいかも。緑(サルサ・ベルデ)は本場並のかなりの辛さなので注意が必要。アドボのサワークリームとの相性は抜群だった。

お店の場所:熊本市/熊本県

第5位 エル・アルボル

サルサソース:★★★★☆

→サルサメヒカーナ(香草と野菜をピリ辛な味付けで漬け込んでいる)、サルサピカンテ(おそらく、チレアルボルを使ったソース。サラッとして深みがあり、かつスモーキーでスパイシー)、サルサドゥルセ(濃厚なトマトを感じるフレッシュなソース)の3種のサルサソースをお好みでかけることができる。辛さは日本人に合わせて控えめだが、どれもクオリティが高い。

お店の場所:四ツ谷/東京都

バリエーション部門


第1位 TACOS shop IKEJIRI

レギュラーメニューから限定メニューまで22種類ほどある。

▼レギュラーメニュー一例▼

  • カルニータス
  • スアデロ
  • ティンガデポジョ
  • チョリソ
  • ラム
  • えび
  • 白身魚のフリット
  • 舞茸チョリソ
  • 焼きチーズ
  • リコッタチーズとパッションフルーツ
  • シェーブルチーズといちじく

お店の場所:池尻大橋/東京

第2位 ロス・タコス・アスーレス

常時13種類ほどのメニューがある。

▼メニュー一例▼

  • アボカド
  • フリホーレス
  • パパ・コン・チョリソ
  • キノコ炒め
  • ピカディージョ
  • サボテン
  • シラスのオムレツ
  • 鶏肉とモレベルデ
  • 砂肝とゴーヤ
  • カルニータス
  • カルニータスのサルサ煮
  • チレ レジェーノ
  • 短角牛のバルバッコア

お店の場所:三軒茶屋/東京都

第3位 ロティーチキン アンド ジャッキータコス

常時10種類のメニューがある。

▼メニュー一例▼

  • ポジョ(ロティサリーチキン)
  • パストール(ポークグリル)
  • ビステク(ビーフグリル)
  • カルニータス(ポーク旨煮)
  • ビリア(チリビーフ煮込み)
  • チリコンカルネ(牛すじ煮込み)
  • カマロン(エビフリット)
  • クエリートス(豚皮と野菜のレモンマリネ)
  • ティンガ(ピリ辛チキン)

お店の場所:四条/京都府

お酒部門


第1位 トルタコス

テキーラが常時90種類以上置いてあり、メスカルの種類も豊富メキシコ現地で直接買い付けした日本では手に入らないものなどもある。

カクテルは生のライムを贅沢に1個以上使った『贅沢マルガリータ』や、生のパッションフルーツを使った『パッションフルーツマルガリータ』など、フレッシュフルーツとテキーラを使ったものが多数用意されている。

お店の場所:熊本市/熊本県

第2位 ピオピコ(PIOPIKO)

お洒落で広々としたバーカウンターで、バーテンダーさんがメキシカンなカクテルを作ってくれる。種類も非常に豊富で、テキーラベースからオルチャタを使ったものなど様々。テキーラやメスカルも厳選されたものが置いてあり、メキシコのお酒の新たな楽しみ方を体験できる。

お店の場所:烏丸御池/京都府

第3位 覇王樹(サボテン)

タコスの味もさることながら、お酒の種類も非常に充実している。テキーラやメスカルはもちろんの事、ハリスコ発祥のライシージャから、メキシコの古代酒「プルケ」まで味わうことができる。プルケは缶のものだが、日本で飲めるお店はまだ数少ない。

お店の場所:四ツ橋/大阪府

インテリア部門


第1位 ボスケ(BOSQUE)

店内の雰囲気:★★★★☆

→スペイン語で森を意味するBOSQUE(ボスケ)という名前の通り、お店の入り口周辺に多くの植物が飾られている。オシャレで清潔感に溢れていて、天井も高く居心地がいい。テラス席もあり、しっかりと大型のヒーターが各テーブルに備え付けられている。

お店の場所:目黒/東京都

第2位 コメドール・デ・マルガリータ・モダン・メヒカーノ

店内の雰囲気:★★★★☆

→広々した店内で、内装が綺麗でスタイリッシュ。清潔感を感じる。椅子やソファの座り心地もいい。

お店の場所:横浜市/神奈川県

第3位 ゼスト キャンティーナ お台場

店内の雰囲気:★★★★☆

→工事が進行中の洞窟の中で食べている様な感覚。壁などに人骨や動物の骨が飾られており、少々メキシコ感を感じる。広々とした店内で、照明の使い方にセンスを感じる。

お店の場所:お台場/東京都

居心地の良さ部門


第1位 スパタコス マルヤマ

店内の雰囲気:★★★★★

→多趣味でお洒落な友人の家に招かれているようなアットホームな店内。実際アパートの一室を使っていて、玄関まである。
店内は木を基調としたインテリア、花やサボテンなどの植物、フォークギター、ブリキのオモチャなどもあり異様であるがどこか心地よい店内の雰囲気。壁の中心に犬の絵があったりするので、おそらく店長さんが犬好き。

お店の場所:円山公園/北海道

第2位 わさんたらんか

店内の雰囲気:★★★★☆

→メインはスリランカ料理であるため、メキシコ感は全くと言っていいほどない。しかし駅から徒歩1時間ぐらいの川沿いの森の中にあり、幻の店感を感じる。店は日本家屋の中をリフォームした様な作りとなっており、机や椅子は小学校で使われているものと同じで、かなり独特なスタイル。しかし、子供の頃に戻った様な不思議な感覚となり、居心地がいい。ひっきりなしに人が来るほど、店自体はかなり繁盛している。

お店の場所:玉名市/熊本県

第3位 アロハタコス

店内の雰囲気:★★★★☆

→ハワイアンの音楽が流れて、リラックスした雰囲気でタコスを楽しめる。
入り口からハワイ感が満載で、テラス席もあり、風が心地よく店内まで入ってきて、ハワイの風を感じながらタコスが味わえる。

お店の場所:小田原市/神奈川県

接客部門


第1位 コメドール・デ・マルガリータ・モダン・メヒカーノ

接客:★★★★★

→前菜の盛り合わせからタコスの説明までしっかりとしてくれる。ホールのスタッフの方が、テーブルに目を光らせており、食べ終わったらすぐ片付けに来てくれる。早すぎて、少々恐怖を感じるほど。店を出る時も予約をして来店した場合は丁寧に名前を呼んでくれたり、厨房の横を通って帰る時も厨房から挨拶をしてくれたりする。

お店の場所:横浜市/神奈川県

第2位 北出食堂

接客:★★★★★

→どの定員さんもフレンドリーで話しかけやすい感じ。特に店長さんらしき女性は、自然でにこやかな立ち振る舞いで、非常に感じがいい。通いたくなる。

お店の場所:馬喰町/東京都

第3位 アルコイリス

接客:★★★★☆

→お店に入る前に少しもたついていると、男性スタッフの方がすかさずドアを開けて、笑顔で迎え入れてくれた。メニューの説明もしっかりとしてくれる。他県から来ていることに気づき、色々と話しかけてくれ、楽しいランチタイムを過ごすことができた。

お店の場所:新潟市/新潟県

お買い物カゴ