メキシコシティに行ったら必ず行くべきプルケ屋さん5選


メキシコシティに行ったら必ず行くべき!
厳選したプルケ屋さんを5つご紹介!


メキシコ国民が一番飲んでいるアルコールは、プルケというお酒です。テキーラでもコロナでもありません。アステカ時代から庶民に愛され続けている古代のお酒プルケ。あの味は一度味わってしまったらもう忘れられません。不純物が全く入っていない100%天然のお酒なので、日本ではまず飲めません。缶やペットボトルでパッケージされたものも販売されておりますが、やはり味は現地メキシコで飲むものとは大きく異なります。

やはりプルケは、現地で作りたてのもの飲むのが一番美味しいです。

今回は、もしこれからメキシコシティに行く予定があるなら是非寄って欲しい、オススメのプルケ屋さんを5つご紹介したいと思います!

1.ラ・ピラータ

@GINmedia

メキシコシティでは有名なプルケ屋さん。店に入るとすぐ巨大な容器に入ったクリーム色のプルケが目に入ります。プルケナチュラル(味付けがされていないもの)の他にも、グアバ味、トマト味、イチゴ味、ピスタチオ味、マンゴー味、ライム味、くるみ味などがあり、はちみつ味のような珍しい味も置いてあります。

そして、このお店の特徴は、おつまみが充実しているところ!とりわけタコスが美味しいと評判です。白濁としたプルケが、タコスの美味しさを引き立てます。プルケと一緒に食べると、また違ったタコスの魅力に気づくかもしれません。

@GINmedia
Pulquería La Pirata(プルケリーア ラ・ピラータ)
  • 住所:Calle 13 de Septiembre. esq. 12 de Diciembre, Miguel Hidalgo, Escandón.
  • 営業時間:9:00-20:00(月〜土)
  • 料金:約150ペソ/杯

※上記は全て2019年4月時点での情報です。

2.ラ・ヌークレアル

@GINmedia

昔のウェスタン風な扉を開けると、薄暗くどこか通俗的な照明の店内が広がります。プルケがかつて王様の飲み物であったということが、なんだかわかってくるような趣のある雰囲気で飲むプルケは、他のプルケ屋さんでいただくものとはどこか異なります。店内の壁には、メキシコの有名な壁画家ダビ・セリスの壁画も描かれており、メキシコメキシコした雰囲気がまたプルケの味を引き立てています。

@GINmedia

プルケとは別に、メキシコ北部の地ビール「カルタ・ブランカ」も味わうことができ、こちらのビールもオススメです。

Pulquería La Nuclear(プルケリーア ラ・ヌークレアル)
  • 住所:Querétaro 161-5, Roma Norte, 5574 5367
  • 営業時間:16:00-24:00(月〜水)、16:00-02:00(木〜土)、16:00-22:00(日)
  • 料金:約150ペソ/杯

※上記は全て2019年4月時点での情報です。

3.ロス・ドゥエリスタス

@GINmedia

メキシコシティの中心部にお店を構えるプルケ屋さん。スペイン人による統治時代前のプレヒスパニック時代をテーマにした、どこかサイケデリックなデザインが店全体に施されています。

@GINmedia

プルケは内装と同じくカラフルなコップに注がれ、味はなんと毎日違った味が楽しめるというかなり熱の入ったプルケ屋さんです。

現在は主に、月曜日はエッグノッグ、オレンジ、はちみつ味、おつまみは、チラキレス、火曜日は、ブルーベリーやコーヒー味、おつまみはメキシコ風サルチーチャなど、毎日異なった味のプルケやおつまみが用意されております。1週間毎日通って全ての味を制覇してみるのもいかもしれません。

Pulquería Los Duelistas(プルケリーア ロス・ドゥエリスタス)
  • 住所:Calle Aranda, Cuauhtémoc, Centro
  • 営業時間:10:00-21:00(月〜土)
  • 料金:約20〜100ペソ/杯

※上記は全て2019年4月時点での情報です。

4.ラ・イッハ・デ・ロス・アパチェス

ちょっと読みづらい名前ですが、「ならず者たちの娘」という意味です。なぜお店の名前をこのような名前にしたかは不明ですが、、、

@GINmedia

およそ1リットル入るこの巨大ジョッキで飲み干すのがお店のスタイル。なんと70年以上もの間このスタイルを続けているとのことです。味は、はちみつ、パイナップル、トマト、グアバ味などがあります。

@GINmedia

水曜日には特別にサルサソースを上にかけてくれたり、金曜日は飛び込みのバンド演奏が楽しめたり、他のプルケ屋さんと比べると少々ユニークで活気のあるお店です。

La hija de los Apaches(ラ・イッハ・デ・ロス・アパチェス)
  • 住所:Calle Dr. Claudio Bernard 149, Cuauhtémoc, Doctores. 01 55 4056 1648
  • 営業時間:12:00-22:00(月〜土)
  • 料金:約50ペソ/杯

※上記は全て2019年4月時点での情報です。

5.エル・テンプロ・デ・ディアナ

@GINmedia

なんと、このプルケ屋さんは神社の中にあるんです!神社の中にあるとは思えないような内装ですが、このような巨大なジョッキに入ったプルケを目の前にすると、どこか神々しさを感じてしまうことでしょう。

味の種類が相当豊富で、グアバ、りんご、アマランス、レッドカラント、はちみつ、いちご、ピーナッツ、チョコレートなど、他にもたくさんの味が楽しめます。プルケだけではなく、ビールやフルーツジュース、タコスなども販売されているため、飲むだけではなく、ご飯も一緒に食べてみるのもいいかもしれません。

Pulquería el Templo de Diana(プルケリーア エル・テンプロ・デ・ディアナ)
  • 住所:5 de Mayo 65, Xochimilco, Santa Crucita
  • 営業時間:10:00-21:00(毎日)
  • 料金:約24〜82ペソ/杯

※上記は全て2019年4月時点での情報です。

以上となります。
メキシコシティに行ったら是非、プルケを飲んでみてください!
好き嫌い分かれるかもしれませんが、私は大好きです!

オススメのツアー

【メキシコシティー】プルケ屋さん巡りツアー
お買い物カゴ